HOME > 加工技術

1.CAD / CAM

CAD / CAM
お客さまからの図面、データ、イラストをもとに、
アマダAP100、Blank、Bend にて展開、プログラムデータ製作。

2.生産管理システム

生産管理システム
受注から出荷までを一元管理。
お客さまからの大切なデータも保管管理。

3.レーザーパンチ複合加工

レーザーパンチ複合加工
窒素、酸素、エアで金属板、アクリル等の切断、穴あけ、タップ、
バーリング等を同時加工。
4×8(1219×2438)の板まで対応。
鉄、ステンレスはt0.2~t6.0まで、アルミはt5.0まで 切断可能。
高速で複合加工が一度に出来るので、 リードタイム短縮を実現。
24 時間稼働対応。

4.タレパン加工

タレパン加工
金属板の打ち抜き加工を「タレットパンチプレス」機で行います。
形状の異なった多数の金型を円状「タレット」と呼ばれる金型ホルダーに配置し、NC制御によって、任意の金型で材料(ワーク)の所定の位置に所定の打ち抜き、成形加工を行います。
穴あけはもちろんの事、直線、曲線、二次曲線など自由に加工できます。

5.曲げ加工

曲げ加工
ネットワーク対応型ECO ベンディングマシン導入。 小物から大物まで、
薄板から厚板まで、小型から大型までフルラインナップ。
立体姿図を使った試し曲げ軽減、新角度センサー(Bi-S/Bi-L)による
自動角度出しを可能にした新ベンディングマシンで、
精度の高い曲げ加工を行います。

6.溶接加工

溶接加工 溶接加工
様々な溶接を熟練の職人が行っております。

■半自動溶接(CO2溶接)
アーク溶接の一種で溶接ワイヤを自動的に送り出し周囲からシールド用のCO2が吹出す溶接機を使用し鋼材を癒着させます。手溶接と比較して圧倒的に高い効率が特徴です。
■アーク溶接
アーク溶接は、金属材料(母材)と溶接棒との間にアークを発生させる溶接法です。アーク溶接は、特に加工者の技術が必要です。
■アルゴン溶接(TIG溶接)
アルゴンガスを使用する溶接です。電極が細く、非常に精密な溶接を行うことが可能です。薄物から厚物、鉄、ステンレス、アルミ等の溶接ができます。仕上がりがきれいです。
■スポット溶接
抵抗溶接の一種で母材と母材を圧接して局部に大きな電流を流し、母材自身の抵抗によって発生する熱で溶接します。
■レーザー溶接
薄板SUS/SSの歪みの少ない溶接が可能です。

7.後処理

後処理
バリ取り加工、タップ加工、皿もみ加工、ロール加工、電解こげ取り、バフ仕上げ、塗装、鍍金、アルマイト処理、彫刻、シルク印刷等の仕上げ加工も可能です。
三代目板金屋

三代目板金屋